脇汗と足汗をについてと対策

私は脇汗をすぐにかいてしまいます。
暑い夏は特に、すぐに脇がびっしょりと濡れてしまいます。
そのため、色の濃い服を着ると、すぐに汗がにじんでいるのが目立ってしまい、それでとても嫌な気分になってしまいます。

なるべく脇汗をかかないようにしたいのですが、これも体質なので仕方が無いのかもしれません。
脇汗をかいてもなるべく目立たないように気を付けていこうと思いますが、汗に伴うニオイには気を付けていきたいと思っています。

ニオイは人に不快感を与えてしまいますし、何と言っても自分が一番嫌な思いをします。汗のニオイは食べ物による原因が多いようです。

アルコールやにんにくなどのニオイのキツい食べ物はなるべく食べないようにしています。
私は以前、健康の為に、毎日ニンニクを食べていたら、周りの人に指摘されたことがあり、非常に恥ずかしい思いをしたことがありました。
汗っかきでも、その汗が爽やかな無臭に近い汗なら、周りの人も不快には感じにくいと思います。

私は上半身は汗をかきますが、下半身の特に足汗をまったくかきません。
このために足の新陳代謝が悪く、足がむくんだり冷えることが多く、あまり良い状態とは言えません。

汗をかくことは健康にもとても良いことなので、できるだけ汗がかける状態にしておきたいものです。
しかし、汗の種類もあって、爽やかな汗はサラサラしていますが、ストレス性の汗はべったりとしています。冷や汗とも言う、このべったりとした汗はあまり良くない汗で、健康にもよくはありません。

仕事をしていると、この冷や汗の方が多いかもしれません。
なるべく冷や汗をかかずに、爽やかなさらっとした汗をかくようにしていきたいものです。

逆に足汗が止まらなくて悩む方も多いようです。足に大量に汗をかく体質の方は、靴下や靴の中からかなりの悪臭がするようです。足汗 止める対策を参考にして奮闘しているようです。

普段から適度に運動を行い、心地よい爽やかな汗をかく習慣を付けておくのがよいようです。私も心地よい汗をかいていきたいです。

また、できれば汗をまったくかけない足汗もいつかかけるようになれば良いなと期待しています。