良い汗をかいて臭いを抑える

夏は汗のせいでメイクが崩れやすいし、肌がべたべたして不快だと感じてる女性もたくさんいます。
しかし、汗は水分として蒸発されることで、体温を一定に保つ機能を持っていて、体を守る役割している大事なものです。

本来の汗は99%が水分のサラサラした臭いのない汗ですが、汗をかきにくい状態になってしまうとべたついて臭いのきつい悪い汗になってしまいます。
現代人は汗をかきにくくなっていて汗腺が衰えているので、悪い汗をかきやすく、そのせいで体臭が起こりやすくなっています。

汗をかくとミネラル分が体に再吸収されるので、ほぼ水分のみの臭いのないさらさらとした良い汗です。

しかし、汗腺の機能が衰えていると、ミネラル分が体に再吸収されないため、べたべたとした悪い汗をかいてしまいます。
このミネラル分は雑菌の絶好のえさとなるため、雑菌が繁殖しやすくなり体臭がきつくなってまいます。

現代人はエアコンの効いた室内で生活していたり、便利な生活のおかげであまり体を動かす機会も減り、汗腺が衰えています。
また、体臭の原因となる欧米化した食生活やストレスなどの影響で、臭い物質が作られやすくなっています。

体臭改善のためには、衰えている汗腺をしっかりと目覚めさせるのが大切です。
そのためには、しっかりと良い汗をかく習慣をつけるのが早道です。

一番良いのがお風呂で湯船に浸かって、しっかりと発汗させることです。
ややぬるめのお風呂に10分程度つかることで汗腺の活動が活発になり、眠っていた汗腺がしっかりと機能するようになります。

また、運動も汗腺を目覚めさせるのには有効です。
ウォーキングなどの有酸素運動は体型を保つのにも効果的ですし、しっかりと汗腺を働かせて、気持ちの良い汗をかくことができるようになります。

エアコンの使いすぎには注意して、外との温度差が大きくならないようにしましょう。
食生活も汗には大きな影響を与えているので、肉類や脂っこい食事をなるべく避けて、臭い物質を作らないようにするのも重要です。