ワキガの原因と治療について

ワキガは汗の臭いとはまた違っており独特の臭いがでてしまいます。
そのために臭いが出てしまうとすぐにワキガとわかってしまうため悩んでいる人もとても多いのです。
私もそれほど強い臭いではありませんが、若干ワキガの症状が出てしまうため汗をかかないように常にケアをしています。

ワキガの臭い対策をするためにワキガについて調べてみたのですが、臭いが出てしまう原因は汗腺にあるのです。
ワキガはアポクリン腺という汗腺から出る汗が原因であり、汗自体が臭っているのではなく肌表面に存在している菌と混じり合う事によって独特の臭いが出てしまうのです。
このアポクリン汗腺が多い人ほど臭いが強く出てしまうのです。

ワキガの臭いを抑えるためには、汗をかいたらすぐに拭き取ったり、またあまり汗をかかないようにする事です。
またシャワーを浴びる、着替えをするなど菌が増殖する前に取り除く事が大切なのです。
他にも肉などの動物性たんぱく質や香辛料を控えると臭いが出にくくなるとも言われています。

またワキガは治療することによって症状を改善することができます。
脇の下を切開してアポクリン線を取り除く手術があります。
目で確認しながらアポクリン線を取り除いていくため半永久的にワキガの症状を抑えることができるのです。

また最近では特殊なエネルギーを肌に当てることによってアポクリン線を破壊することができる機械も導入されています。手術することに抵抗があったり、また肌に傷をつけるのが嫌な場合にはこのような方法で治療することもできるのです。

ワキガの臭いは自分でも気がつかないうちに出てしまうことがあるため、手術によって根本的に解決してしまった方がケアをする手間がなくなり、また急に臭いが出て困ってしまうこともなくなるのです。

私はそれほど症状がひどい方ではないので制汗剤や汗ふきシート等でケアすることができますが、この先あまり臭いが酷いようであれば治療も考えています。